お久しぶりです!

長らくお休みしてしまいました。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
10月5日に父が他界いたしました。
6月から容体が悪化し、それからずっと大阪の実家におりましたので
レッスンがはずっとお休みさせていただくことになり申し訳ありませんでした。

クリスマスレッスンから再開させていただこうと思っております。
ただいまスケジュール調整中。
今しばらくお待ちくださいませ!



父のお話を少し。。

父の葬儀は地区の会館で行いました。
地元の方々においでいただくには実家から徒歩3分の位置にある会館はとても便利。
が、葬儀に関しては数々の取り決めがあり、規定から外れることはできない…とのこと。
父の大好きな花たちで祭壇を飾ってあげたかったのに…
お見送りは父の大好きなダンス音楽をBGMにして明るい雰囲気で…
などと考えていたのに全て却下。
葬儀社の方と相談した結果、できることはたった2つ。
一つは遺影の額の色。
黒ではなくシルバーにしてリボンも華やかにしていただきました。
お写真は7年前にいただいた叙勲の時のもの。
勲章を胸につけた父がにこやかに微笑む写真でした。

もうひとつは棺の中に入れる花。
これを私にさせていただけるようお願いしました。
とはいえ、アウェイな大阪の地。
横浜ならすぐに市場へ走るところですが、大阪の市場事情については無知。
しかも花はすぐに必要。
仕方なく近所の昔からお付き合いのあるお花屋さんで調達しました。
幸い、どうにか花がそろったので一安心。
出棺の時、父の優しい顔のまわりに一輪ずつ丁寧に花を入れていきました。
『きれいやなぁ~』と父の声が聞こえてきそうでした。
闘病中の病室にも常に花を挿していました。
ベッドから起き上がれなくなった時には
父が見えるようにとてつもなく背の高い枝ものなどをいれたりも。
私が花を入れ替える時にはいつも『きれいやなぁ~』と長いこと眺めていたものでした。
これが唯一私ができる仕事だったと思います。
なにかひとつでも父にしてあげられること、私にしかできないことがあって
よかったなぁ…って思った瞬間。。

大好きな父のためにも
これからも花を少しでも続けていけたら…と思います。
[PR]
by ateliermar | 2010-11-08 00:00 | ごあいさつ