チャリティーSALE終わりました

a0168782_90406.jpg


三日間のチャリティーSALEが終わりました。
連日、途切れることなくたくさんのお客様においでいただき、
いつも笑い声があふれる店内でした。

出前花屋はおかげさまで完売!
ワークショップも二日目にはご用意していた分が全て終了してしまい、
最終日はご予約の方のみとなってしまいました。
予想外のことにうれしい悲鳴でしたが、
『やってみたい』とおっしゃってくださった方にはお断りすることになってしまって申し訳ありませんでした。

AtelierMARとしてチャリティーに参加させていただくのは今回が二度目。
最初は震災から2ヶ月経ったGWでした。
あれからみなさまの中でのチャリティーへの意識には大きな変化があったような。。
今回のチャリティーSALEではチャリティーに対しての意識が高くなってきている印象を受けました。

みなさまにお買い上げいただいたお花、そしてワークショップの代金の利益は全て
KDPさんへの寄付とさせていただきます。
あたたかいお気持ち、心から感謝申し上げます。



さて、今回の寄付先となるKDPさんについて。。
KDPさんのサイトをご覧いただければ一目瞭然なのですが
『殺処分ゼロ』を目指してイヌたちの保護活動をされている非営利団体です。
神奈川県が殺処分ゼロという前例を作れば、きっと全国に広がっていくはず。。
私も神奈川県民のひとりとしてわずかでも協力できれば…と思い、
今回チャリティーSALEにご一緒させていただくこととなりました。

私自身、『イヌ天国』と呼ばれるドイツで暮らした経験から
動物保護に対していろんな考えがあります。
そもそも、十数年前にイヌを飼おうとした時にはどちらからか引き取りたいと思っていたのです。
が、縁あって、ペットショップから迎えてしまい、その後もイヌの数は増えていますが里親になることはなく子犬を迎えてしまっています。
そのことに対して私自身少し違和感を感じていました。
そして、保護されたイヌやネコたちになにか、、と思い、少しずついろんな団体への寄付などは続けていたのですが、どうもそれもこれでいいのかな?と疑問がいつもあり。。

今回、このチャリティーSALEの2週間ほど前に湘南国際村でKDPさんのイヌたちの散歩に遭遇しました。
感動しました。
十数頭以上の中型〜大型犬たちがきちんと列をなしてお散歩している姿に。。
ただ保護されているだけでなく、イヌたちはイヌらしく生活させてもらってるんだな〜ということが一目見てわかりました。
その姿を目の当たりにしたことで今回のチャリティーSALEにはかなり力が入りました。
少しでも多く利益を上げて、イヌたちのために少しでもお役に立てれば…と。
そしてひとりでも多くのみなさまのお力をお借りしようと
お花やワークショップの価格については気軽に手に取っていただけるように設定いたしました。
『それでいいの?安すぎない?』と何度お客様に問いただされたことか。(笑)
完売はしたものの、利益という点では多くありません。
でも私自身にとってはみなさまのお気持ちをたくさんいただいて、
とてもありがたいお金です。
できましたら、また今後もこのような形で微力ながらサポートさせていただけたら…と思っています。
私にできることをやろうと思います。
みなさまのお力も添えていただければとってもうれしいです。
[PR]
by ateliermar | 2013-04-01 00:00 | 出前花屋